トム・マック
  TOP/HISTORY/BBS/NEWS/ROSTER/COACHES/RECORD/STADIUM/CHEERS/tot.o/DRAFT/LINKS st.louis rams fan page   

トム・マック(Tom Mack)

#65
誕生日:1943年11月1日
ポジション:G
出身校:Michigan
出身地:Cleveland, OH 
ドラフト:1966年、1巡(全体2位)
在籍年:1966−1978年
プロボウル選出:11回(1967〜1975、1977、1978) 

<生涯成績>

YEAR       TEAM          G   
1966  Los Angeles Rams  14   
1967  Los Angeles Rams  14   
1968  Los Angeles Rams  14   
1969  Los Angeles Rams  14   
1970  Los Angeles Rams  14   
1971  Los Angeles Rams  14   
1972  Los Angeles Rams  14   
1973  Los Angeles Rams  14   
1974  Los Angeles Rams  14
1975  Los Angeles Rams  14
1976  Los Angeles Rams  14
1977  Los Angeles Rams  14
1978  Los Angeles Rams  16
TOTAL 13 NFL Seasons   184
:ミシガン大学時代チームをビッグ10のチャンピオンシップ、そしてローズ・ボウルに導いたトム・マックはNFLに入ってもチームに勝利を呼び寄せた。
1966年ドラフトで1順(全体2位)指名を受けてマックが入団したのは当時勝率30%と下降の一途を辿っていたロサンゼルス・ラムズだった。その中でルーキー年から右ガードとして先発のポジションを確保したマックはチームの負担を背負いながらも2年目にはプロボウルに選出され、気が付くとチームの勝率も70%を超え、1974年からキャリアを終える1978年まではチームのキャプテンも勤めた。
結局マックは1966年にラムズに入団して以来キャリアの最後の試合までの184試合休むことなく 出場し続け、勝率の上昇と共に8回のディヴィジョン・チャンピオンシップ、12回のプレイオフにチームを導き、自身も11回のプロボウル、5回のオールNFLに選ばれた。
また世界でも有数のエンジニアリング管理会社の一つであるベクテル社の副社長としても名を挙げている。


トップページに戻る

他の殿堂入りメンバーを見る