トム・フィアーズ
  TOP/HISTORY/BBS/NEWS/ROSTER/COACHES/RECORD/STADIUM/CHEERS/tot.o/DRAFT/LINKS st.louis rams fan page   

トム・フィアーズ(Tom Fears)

#80、#50
誕生日:1922年12月3日(2000年他界)
ポジション:エンド
出身校:UCLA
出身地:Guadalajara, Mexico
ドラフト:1945年、11巡(全体103位)
在籍年:1948−1956年
プロボウル選出:1回(1950) 

<生涯成績>

レシービング

YEAR      TEAM           G    Rec    Yds    Avg   TD    
1948  Los Angeles Rams  12     51    698   13.7    4
1949  Los Angeles Rams  12     77  1,013   13.2    9
1950  Los Angeles Rams  12     84  1,116   13.3    7
1951  Los Angeles Rams   7     32    523   16.5    3
1952  Los Angeles Rams  12     48    600   12.5    6
1953  Los Angeles Rams   8     23    278   12.1    4
1954  Los Angeles Rams  10     36    546   15.2    3
1955  Los Angeles Rams  12     44    569   12.9    2
1956  Los Angeles Rams   2      5     49    9.8    0
TOTAL 9 NFL Seasons     87    400  5,397   13.5   38

ラッシング

YEAR      TEAM           G    Att    Yds    Avg   TD    
1949  Los Angeles Rams  12      2      8    4.0    0
1950  Los Angeles Rams  12      1     -3   -3.0    0
1951  Los Angeles Rams  12      0      0    0.0    0
1952  Los Angeles Rams   7      0      0    0.0    0
1953  Los Angeles Rams  12      1      0    0.0    0
1954  Los Angeles Rams   8      0      0    0.0    0
1955  Los Angeles Rams  10      1     10   10.0    0
1956  Los Angeles Rams  12      0      0    0.0    0
1957  Los Angeles Rams   2      0      0    0.0    0
TOTAL 9 NFL Seasons     87      5     15    3.0    0
:レシーバーとして名高い実績を誇るトム・フィアーズもキャリアのスタートは決して華やかなものではなかった。
1945年のドラフトで11巡(全体103位)という低い評価を受けながらどうにかラムズ入りを果たし、キャリアのスタートはDBとしての起用だった。しかし最初の試合で2INT(内1回をリターンTD)を記録したことが彼にとってターニング・ポイントとなる。この2INTからレシービング力を見出されたフィアーズはその後エンドにポジションを変更し、数々の記録を塗り替え殿堂入りするまでに成長していったのだ。
決して足が速いとは言えなかったフィアーズだが正確なラン・ルート、そしてサイズを生かした レシービングが大きな力となり最初の3シーズンでリーグトップのキャッチ数を記録。1949年にはTD数、1950年にはレシーブ獲得ydsでトップに立ち、同年12月3日に行われたグリーンベイ・パッカーズ戦では当時のNFL記録となる1試合18キャッチを記録している(この記録はサンフランシスコ・49ersのテレル・オーエンスが2000年に1試合20キャッチを記録するまでの50年間保持していた。)キャリア最後の年となった1956年には僅か5キャッチの記録に終わったものの フィアーズはキャリア8シーズンで400キャッチ、5,397yds、38TDを記録した。
また1967年にフィアーズはニューオリンズ・セインツの初代HCとなり1970年シーズン中盤にコーチ職を終えるまでに13勝34敗2分という記録を残している。


トップページに戻る

他の殿堂入りメンバーを見る