エルロイ・ヒルシュ
  TOP/HISTORY/BBS/NEWS/ROSTER/COACHES/RECORD/STADIUM/CHEERS/tot.o/DRAFT/LINKS st.louis rams fan page   

エルロイ・ヒルシュ(Elroy Hirsch)

#40
誕生日:1923年6月17日
ポジション:バック、エンド
出身校:Wausau
出身地:Wausau, WI 
ドラフト:1945年、1巡(全体5位)
在籍年:1949−1957年
プロボウル選出:3回(1951、1952、1953) 

<生涯成績>

レシービング

YEAR      TEAM           G    Rec    Yds    Avg   TD    
1949  Los Angeles Rams  12     22    326   14.8    4 
1950  Los Angeles Rams  12     42    687   16.4    7
1951  Los Angeles Rams  12     66  1,495   22.7   17
1952  Los Angeles Rams  10     25    590   23.6    4
1953  Los Angeles Rams  12     61    941   15.4    4
1954  Los Angeles Rams  12     35    720   20.6    0
1955  Los Angeles Rams   9     25    460   18.4    2
1956  Los Angeles Rams  12     35    603   17.2    6
1957  Los Angeles Rams  12     32    477   14.9    6
TOTAL 9 NFL Seasons    103    343  6,299   18.4   50

ラッシング

YEAR      TEAM           G    Att    Yds    Avg   TD    
1949  Los Angeles Rams  12     68    287    4.2    2 
1950  Los Angeles Rams  12      2     19    9.5    0
1951  Los Angeles Rams  12      1      3    3.0    0
1952  Los Angeles Rams  10      0      0    0.0    0
1953  Los Angeles Rams  12      1     -6   -6.0    0
1954  Los Angeles Rams  12      1      6    6.0    0
1955  Los Angeles Rams   9      0      0    0.0    0
1956  Los Angeles Rams  12      0      0    0.0    0
1957  Los Angeles Rams  12      1      8    8.0    0
TOTAL 9 NFL Seasons    103     74    317    4.3    2
:1950年代のロサンゼルス・ラムズを語る上で忘れてはいけないのがこのエルロイ“クレイジーレッグス”ヒルシュだ。
キャリアの最初をAAFCのシカゴ・ロケッツでスタートしたヒルシュは2シーズンをシカゴで過ごした後1945年に本格的にラムズに入団。直ぐに3エンド・オフェンスのキーパーソンとして頭角を現し1951年には66キャッチで1,495yds、17TDと12試合制だった当時としては異例の数字を残しラムズをチャンピオンシップに導いている。
キャリア全体でも387キャッチで7,029yds、60TDを記録。1950年代のラムズはこの記録に助けられる場面が多かった。
この“クレイジーレッグス”というニックネームはとにかく彼の足の動きが速かったことから由来されている。なんでも足の動きが速すぎて走っている時に前に出した足が地面につくより早く 次の足が出て、Bとして走っている時はぐらつきながら走ったとさえ言われているから相当のものだったのだろう。
またヒルシュに因んだクレイジーレッグス・クラシックというアメリカでは有名なマラソン大会が現在も続けられており彼の伝説は今も尚、色あせることなく続いていると言える。


トップページに戻る

他の殿堂入りメンバーを見る